コミュニケーションを取る

(日本語メモ帖)


大学生の話を聞いていると、

「コミュニュケーションを取る」という言い方がよく登場します。

話し言葉として聞いている分には、特にどうとも感じることはありません。

たぶん私も無意識にこの言い方をしているはずです。


ところが文字に起こしてみると、違和感が生じるのです。

「コミュニュケーションを取る」

原稿を書くとき、私はこの表現を使わないことにしています。


言葉は変化するものだとしても、

まだ、日本語の書き言葉として十分成熟していない、と感じるのです。

そして、話し言葉では平気なのに、書き言葉としては許せない理由は、

話し手としては素人でも、書き手としてはプロ、という意識が

心の奥にあるからかもしれません。

書き言葉に対して、より厳しい基準を設けているということです。

(こんなこと書いて大丈夫か)


話を戻して、そもそも「コミュニケーション」は「取る」ものなのか?


似た言葉に「連絡を取る」「アポイントを取る」というものがあって、

こちらは違和感を持つことはありません。

連絡やアポイントはこちらから取りに行くもので、

コミュニケーションは相互で交わすものだからかな?

うん、名答のような気もするが、

優等生すぎる気もして、結論はまだ出せません。


Shoji