大学案内/高校案内

  1. HOME
  2. 仕事実績
  3. 大学案内/高校案内
  4. 日本福祉大学

    学生募集コミュニケーション

日本福祉大学

学生募集コミュニケーション

(2013年度~2018年度)

“特殊”な大学?

経済・医療・建築・情報工学も学べる総合大学であるにもかかわらず、受験生や保護者からは「福祉という特殊な分野を扱う、自分とは無縁な大学」というイメージを持たれてしまう。この地点からの脱却をコミュニケーション課題と設定しました。

*

「日福、うごく。」

◎力強いキーメッセージ

ともすれば「やさしさ」「あたたかさ」が強調されがちな福祉訴求から離れ、社会を動かすエネルギーに満ちた大学であることを伝えるキーメッセージ「日福、うごく。」を提案しました。

*

◎アカデミックな学部紹介

大学案内パンフレットでは、総合大学としてのアカデミックさと学びの広がりを、躍動的なデザインで表現しました。あわせて日本福祉大学の魅力である「地域と連携したアクティブな学び」も強調しました。

*

◎クリエイティブな広報誌

日本福祉大学への固定観念をくつがえすためのビジュアル誌を作成。ある学部長の「現代社会の問題に俊敏にアクションを起こす“最先端の大学”」という言葉がヒントになりました。

「行動する学問。」

担当して3年後の夏、広報業者を再選定するコンペティションが行われ、私たちはそれまで取り組んできた大学の動的なイメージづくりをさらに突き詰めた提案を行いました。広告会社と協力・分担して企画書作成やプレゼンテーションも行いました。

*

行動する「キービジュアル」

地域の人々と行動しながら学び、卒業後も行動を通じて社会に貢献する――日本福祉大学の教育と人材育成を、「行動する学問。」のメッセージと行動力みなぎる学生のビジュアルで表現しました。

*

◎行動する「大学案内」

主要ツールである大学案内は、アカデミックさを研ぎ澄ませるとともに、卒業生の進路の多様さを訴求する巻頭特集や、地域で行動する学生の姿を捉えたブックinブック「知多半島で学ぶ」などの企画を充実させました。

*

行動を促す「オープンキャンパス」

参加した高校生が会場の学生スタッフと交流できる仕掛けをはじめ、来場者を歓迎するイベント感に満ちた会場演出を行いました。